9月料理教室 『秋の訪れを感じて頂けるお料理』

今回は秋の訪れを感じて頂けるお料理内容にしてみました。和洋折衷のラインナップでも調和が生まれるよう、使う調味料なども工夫しています。

9月の献立

  • 梨と水菜の京風サラダ
  • 炙り帆立と人参のムース
  • 牛肉とごぼうのチャプチ
  • スペアリブの無花果煮
  • きのこのエスニック混ぜご飯
  • カボチャのココナッツミルク煮

  1. 梨と水菜の京風サラダ

    梨と水菜の京風サラダ

  2. 炙り帆立と人参のムース

    ムースは難しそうなイメージですが、早速お料理教室後に作りましたー!とご報告沢山頂き感激でした♪

  3. 炙り帆立と人参のムース

  4. 牛肉とごぼうのチャプチ

    牛肉とごぼうのチャプチェ

  5. スペアリブの無花果煮

    スペアリブの無花果煮

  6. きのこのエスニック混ぜご飯

    きのこのエスニック混ぜご飯

  7. カボチャのココナッツミルク煮

    カボチャのココナッツミルク煮

毎月お越しくださっている生徒さんから、正直お料理はあまり好きではなかったけど、お料理教室に通いだして大好きになったし楽しくて仕方ないです、とメール頂いてウルウル。

どうしても面倒に感じがちな日々のお料理を楽しい♪と感じて頂く。それを目標にまた来月からも頑張ります^^

この記事を書いた人

松本 紗智

松本 紗智

3歳よりバターナイフでキュウリを切る遊びにはまり、台所仕事のお手伝いをよくしていました。9歳から料理教室に通い、将来の夢は「料理研究家」と作文に書いていました。

大学卒業後は繊維商社で4年間勤務。勤務の傍、食べ歩きライフを送り、やはり料理の世界が自分の生きる道だと気づき、OLをしながら家庭料理研究家へ弟子入り。本格的に料理の世界へと足を踏み入れます。

料理家として独立後は、パーティの多い土地柄に合わせて、ケータリングに特化して事業を開始。事業開始から6年で、TABLE et PLUSでの料理を担当させていただくことになり、2015年からは新たに料理教室を本格的にスタートし、芦屋市大桝町で開催しています。