TABLE et PLUSのレッスン『端午の節句』 – 2016年4月

この春からは、リクエストの多いTABLE et PLUS(ターブル・エ・プリュス)のレッスンレポートも発信して参ります^^

もうすぐ『端午の節句』!ということで、2016年4月のレッスンは端午の節句のご提案♪

増田あゆみさんの、渋めかつなんとも落ち着くスタイリング。盛り込ませて頂いたお料理とともに、レポートしていきます。
TABLE et PLUS

今年のレッスンでは、葛輪悦子さんによるイタリアワインのレクチャーもあるので、ワインの産地に合わせてその土地の郷土料理などを忍ばせています^^兜の折り紙がアクセントになっています。
TABLE et PLUS

勝男にちなんで鰹も。
TABLE et PLUS

今回一番手間暇かけた、クリームを加えない新玉ねぎポタージュ。縁起物を意識した具材を中に。
TABLE et PLUS

ちまきをイメージして作った桜えびのお寿司に、ワインを合うように工夫した手毬寿司。
TABLE et PLUS

食後のお菓子は、柏餅に…
TABLE et PLUS
可愛いお干菓子♪
TABLE et PLUS

お雛様より、お料理のイメージが湧きにくい端午の節句。今年の皆様のお祝いに何かお役に立てれば嬉しいです^^

その他料理教室ブログレポート

料理教室
男の料理教室
TABLE et PLUS レッスン
アビエスフィルマ料理教室

この記事を書いた人

松本 紗智

松本 紗智

3歳よりバターナイフでキュウリを切る遊びにはまり、台所仕事のお手伝いをよくしていました。9歳から料理教室に通い、将来の夢は「料理研究家」と作文に書いていました。

大学卒業後は繊維商社で4年間勤務。勤務の傍、食べ歩きライフを送り、やはり料理の世界が自分の生きる道だと気づき、OLをしながら家庭料理研究家へ弟子入り。本格的に料理の世界へと足を踏み入れます。

料理家として独立後は、パーティの多い土地柄に合わせて、ケータリングに特化して事業を開始。事業開始から6年で、TABLE et PLUSでの料理を担当させていただくことになり、2015年からは新たに料理教室を本格的にスタートし、芦屋市大桝町で開催しています。